ハットピン、エパングル

ハットピン(Épingle à chapeau:19世紀〜20世紀初頭)はその名の通り帽子につけるアクセサリー(留め金具)で、帽子がズレたりしないよう帽子から髪に通して留めていたのだそうです。通常1本だけではなく、何本かをあわせてお洒落を楽しんでおりました。
ですがこの通り鋭利な針ですので、20世紀以降は針の先に留め具が充てられることになりました。確かに「たまに刺さって痛い」ということもありましょうし、凶器にもなりえた(長いものは20cmはあったり)のでそれを防ぐためだとか。
ここのエパングルは主に洋服を留めたりするのに使用されていたものをご紹介しています。
すっとした佇まいの美しい針をぜひお楽しみください。
22